遺品整理を頼む理由には

遺品整理人や、遺品整理業と言う仕事があることを知りました。

その名の通り、遺品を遺族に代わって、整理したり処分したりする仕事のようです。

このような仕事の需要が高まった背景には、一番には孤独死の増加があります。

孤独死の場合、遺体の発見も遅れがちとちなります。

その結果、家や部屋の状態も特殊清掃が必要なほどになり、一般的なハウスクリーニングでは手に負えないようです。

特殊清掃の料金相場は、やはり一般的なハウスクリーニングよりも割高になります。

ですが、清掃以外にも、故人の用品回収、生活用品の処分、遺品供養も行ってる業者もあり、遺族のニーズは高いようです。

やはり、故人が残していった家具や遺品は、気軽に廃棄したりゴミに出したりするのも抵抗がありますね。

そんな場合は、地元寺院で魂抜きをしたり、合同供養したりと、故人や遺族に配慮した処分を行ってくれるそうです。

処分するには惜しい大型家具や家電などは、希望に応じてリサイクルにも出してれるそうです。

遠方に住む遺族は、こういった業者があると心強いですね。

遺品整理士のいる業者>>遺品整理ネクスト

気になるのは料金でしょうか。

その場合は、複数業者のサイトや料金表などをチェックして事前におおよその金額を把握しておくのが良いかもしれません。

作業人員数や、作業時間に応じても料金は変わってきますし、処分するものの内容によっても異なります。

仏壇や大型家具などの家財によっては、処分料金も大幅アップしてしまうので、事前にそれらの有無を確認するのも大事かもしれません。