元気なうちに遺品整理

先日、一人暮らしをしている母のもとへ、姉と二人で行きました。

こうして姉妹で実家に帰るのは久しぶりでしたし、母も驚いていました。

母に『この頃孤独死が増えていて、遺品整理をするのも大変みたいだよ?だから今のうちにお母さんの意見を聞きながら、家財や家電を片づけようと思う』って切り出しました。

そしたら、母もどうやらご近所で最近孤独死があったことを機に、自分が死んでしまってから遺族に迷惑を掛けるより、元気なうちに分別作業をしたいと乗り気になってくれました。

少しホッとしました。

誰だって、死ぬ前から死んだ後の話をされるのは嫌ですからね。

そこで、母はなによりもまず、絶対に処分してほしくないものを教えてくれました。

それは父との思い出の品です。

一見ゴミにしか見えないようなものも、母にとっては大事な形見のようですね。

それらを見て、姉と顔を見合わせて『聞いてなかったら絶対処分してたね…』と苦笑いしてしまいました。

いくら遺品整理のプロに頼んでも、やはり故人の思い出の品と言うのは把握できないですからね。

本人が生存のうちに確認できて良かったと思いました。

事前に遺品整理を行うのには抵抗がある方も多いかと思います。

しかし亡くなってからでは遅いですし、残された遺族の心労もただならぬものではありません。

存命中の遺品整理は、しておいて損なことはありません。

もちろん親しき中にも礼儀ありですから、プライバシーの尊重は守りましょう。